ウマズキッ☆ ~競馬鹿な日々~
2歳戦、3歳戦の予想を中心に。【軸…軸馬 注…注目馬】 ※新馬成績は◎馬の成績のみを載せてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8回ジャパンダートダービー
前日に書いた通り、軸は①ナイキアースワーク。以下、有力馬について自分なりの見解を。

①ナイキアースワーク
・3走前の3着は、最後まで後方を追走して手綱も動かさず4角を回り、直線に入ったら馬群に突っ込み、鞭を使った場面も見られず、最後の直線だけで追い込んだレースは負けて強しの内容。
前々走は、後方2番手追走から徐々に押し上げ、持ったままで大外捲り。追った瞬間、するどい反応を見せて突き抜け、最後は抑える余裕で快勝。
初の長距離輸送となった前走も、イレ込む面が全く見られず、気性面も良さそう。
反応、瞬発力と良い面が多く、どんなペースでも早い上がりの脚が使える。先行する競馬をしたとしてもやれそう。軸不動。

⑫フレンドシップ
・追えば追うほどしぶとく伸びる印象で、内田騎手に替わるのはプラス。今回、大井でのレースという事でもプラスでしょう。逆転があるとすれば、この馬。
伏竜Sは、内々の経済コースを通って4着に入ったヤマタケゴールデンに対し、終始外を回り、4角も外から上がっていっての1着。最後のゴール前では、そのヤマタケゴールデンに徐々にだが差をつける伸びを見せており、0.4秒差だった結果より、距離ロスも考えればそれ以上の価値があるレース。

⑨ヤマタケゴールデン
・端午S1着でナイアガラにも先着しているが、前半3Fが36.8、後半3Fが36.6という完全な上がりの競馬。道中も3、4、5F目が13秒台と緩い流れで、逃げたヤマタケゴールデン、2、3番手を追走したナイアガラと、共にペースに恵まれた感。この時の京都ダートは時計が出やすく、前残り多発の馬場で、走破時計もそのまま評価できない。

⑮ナイアガラ
・上記通り。おそらく武豊騎手が前目に付ける競馬をすると思うが、大外枠というのが気掛かり。

⑩サンキューウィン
・地方馬の中では、一番の期待。逃げてどこまで粘れるか?ただ、メンバー構成から楽逃げは望めそうにない。

⑧バンブーエール
・揉まれるとよくないという話なので、上手く流れに乗せて先行させたい所。前走の内容から、ダート千四あたりを使ってくれば買うつもりだったけど、前走時に陣営も「距離短縮はプラス」と話していたように、ここは距離が長い。

【結論】
◎ ①ナイキアースワーク
○ ⑫フレンドシップ
▲ ⑨ヤマタケゴールデン
△ ⑩サンキューウィン
× ⑮ナイアガラ

【買い目】
◎の単勝。
◎→○馬単。
◎→○1、2着固定の▲△×へ三連単。

押さえに○→◎裏目の馬単と、◎○2軸の▲△×へ三連複。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。